車社会と言われる現在、交通事故は嫌なものですが、多発しています。不幸にも交通事故に遭ってしまった場合、加害者、被害者双方で行われる交渉を示談と言います。その際、示談金、慰謝料と言ったお金が発生する場合があるのですが、これは交通事故の被害を補填するためのものです。このあたりは分かりにくい部分でしょう。

示談とは、加害者、被害者が入っている保険会社における話し合いのことです。この話し合いは問題解決のために支払われるお金の額を決めるということにもなり、その際支払われるお金が示談金となります。このお金が支払われれば、事故の処理は終了となるわけです。示談金ですが、損害賠償等すべてを総称してということになり、慰謝料も示談金に入ります。示談金は被害者、加害者が納得した金額であれば、いくらでも良いようです。と言いますのも、事故は千差万別でその事故によって示談金の額も様々でしょうから、一概に決められないということなのです。

但し、相場はないのですが、割り出すことは出来ます。あまりに少ない額の示談金では被害者が困りますし、多すぎれば、加害者側としては支払いが大変でしょうから、こういったことを避けるために、示談金の内訳を細かく調べて相場を割り出すのです。当サイトはこういった交通事故の示談に関する情報をお届けいたします。示談と弁護士、示談交渉について分かりやすくお伝えいたしますので、ご参考になさってください。

交通事故の示談金